初心者からの無料DTM情報まとめブログ

タグ:DTM

Cubase – 歌ってみた・弾いてみたのキーチェンジは”ピッチシフト”機能で

歌ってみた、弾いてみた等で曲のキーを上げ下げしたい時は "ピッチシフト" 機能で簡単にキーチェンジすることができます。 ■ピッチシフトの使い方 まず、ピッチ変更したいトラックを選択し、↓画像のように暗転させます。…

詳細を見る

Cubase – リップノイズやクリップノイズ、音の頭はスクラブ再生で見つけよう

Cubase スクラブ再生

■スクラブ再生機能は便利! スピーカーマーク (ツールバーの右から2番目) の裏には便利な機能が潜んでいます。 意外と気付いていない人も多い "スクラブ再生" 機能です。 レコーディングスタジオに行くとエンジニアさんがリップノイズ等を除…

詳細を見る

Cubase – ノイズゲートで気になるノイズをカットしよう

■ノイズゲートとは!? "ノイズゲート" は設定した音量以下の音をカットしてくれる大変便利なエフェクターです。 楽器や歌の"音と音の間"のノイズ、電気音などをカットすることができます。 ■ノイズゲートの使い方 …

詳細を見る

Cubase – すっきり作業環境作りにはフォルダートラックを活用しよう

■フォルダートラックの活用法 さまざまな種類のトラックを一箇所にまとめて表示できます。トラック構成の整理や管理に役立ちます。 楽器パートごとにフォルダー分けしておくとすっきりした環境で作業を行うことができます。 ■フォルダートラックの…

詳細を見る

無料DAWソフト Studio One 3 Prime をインストールしてみよう

Studio One Prime

Studio One 3 Prime ダウンロードまでの手順はこちら ■Windows版インストールの手順 ダウンロードしたファイルを解凍すると、セットアップ画面が立ち上がるので、 日本語を選択し、 "OK" をクリックします。 …

詳細を見る

無料DAWソフト Studio One 3 Prime ダウンロードまでの手順

Studio One Prime

■Studio One 3 Prime Studio One 3 Primeは、トラック制限なし、時間制限なしの完全フリーDAWソフトです。 ●DAW=(Digital Audio Workstation) デジタルで音声の録…

詳細を見る

Cubase – 作業スピードアップ!マーカー機能を活用しよう

Cubase マーカートラック

■マーカー機能の活用で作業効率アップ レコーディングや編集作業などで曲の色々なセクションに飛ぶ際、 ちょうどいい場所から再生出来ず"イライラ"という経験はないでしょうか。 そういった時は、事前に曲のセクションごとにマーキングし…

詳細を見る

Cubase – 音声データの継ぎ目は必ずクロスフェードでつないでおこう【プチプチ音防止】

Cubase クロスフェード

■クロスフェードの必要性 下記画面のように別々の音声データが重なっていると、プチプチ音、ノイズが発生することがあります。 通常オーディオデータの繋ぎ目は、クロスフェード (もしくはフェードアウト、フェードイン) 処理をしておきます。…

詳細を見る

Cubase – 編集が終わったら必ず”プロジェクトのバックアップ”を取っておこう

Cubase バックアップ

■プロジェクトのバックアップは取っておくべき! プロジェクト保存後にデータを移動してしまうと、音声データが行方不明になってしまう場合があります。 よくやってしまいがちなのが、デスクトップ画面に置いてあるデータをそのままプロジェクトに…

詳細を見る

Cubase – フリーズ機能でPCの負荷を減らそう

■フリーズ機能 年々パソコンの性能が上がっているとはいえ、重い音源やエフェクトを多用したり、 録音データの繋ぎ合わせや細かな編集、微調整を重ねるとパソコンの動きがもっさりしてきますよね。 そんな時は"フリーズ機能"を使ってパソ…

詳細を見る