初心者からの無料DTM情報まとめブログ

タグ:cubase

Cubase – すっきり作業環境作りにはフォルダートラックを活用しよう

■フォルダートラックの活用法 さまざまな種類のトラックを一箇所にまとめて表示できます。トラック構成の整理や管理に役立ちます。 楽器パートごとにフォルダー分けしておくとすっきりした環境で作業を行うことができます。 ■フォルダートラックの…

詳細を見る

Cubase – 作業スピードアップ!マーカー機能を活用しよう

Cubase マーカートラック

■マーカー機能の活用で作業効率アップ レコーディングや編集作業などで曲の色々なセクションに飛ぶ際、 ちょうどいい場所から再生出来ず"イライラ"という経験はないでしょうか。 そういった時は、事前に曲のセクションごとにマーキングし…

詳細を見る

Cubase – 音声データの継ぎ目は必ずクロスフェードでつないでおこう【プチプチ音防止】

Cubase クロスフェード

■クロスフェードの必要性 下記画面のように別々の音声データが重なっていると、プチプチ音、ノイズが発生することがあります。 通常オーディオデータの繋ぎ目は、クロスフェード (もしくはフェードアウト、フェードイン) 処理をしておきます。…

詳細を見る

Cubase – 編集が終わったら必ず”プロジェクトのバックアップ”を取っておこう

Cubase バックアップ

■プロジェクトのバックアップは取っておくべき! プロジェクト保存後にデータを移動してしまうと、音声データが行方不明になってしまう場合があります。 よくやってしまいがちなのが、デスクトップ画面に置いてあるデータをそのままプロジェクトに…

詳細を見る

Cubase – フリーズ機能でPCの負荷を減らそう

■フリーズ機能 年々パソコンの性能が上がっているとはいえ、重い音源やエフェクトを多用したり、 録音データの繋ぎ合わせや細かな編集、微調整を重ねるとパソコンの動きがもっさりしてきますよね。 そんな時は"フリーズ機能"を使ってパソ…

詳細を見る

Cubase – インプレスレンダリング機能で快適な編集環境をセッティングしよう

cubase インプレスレンダリング

■インプレスレンダリング機能とは MIDIデータや録音データをユーザーインタフェース (通常画面) 内で即座にオーディオデータに変換することができる大変便利な機能です。 使いかたによっては、パソコンの負荷を減らしたり、視覚的にもすっ…

詳細を見る

Cubase – トラックのタイミングをずらしてノリをコントロールする方法

■トラックのタイミングをずらしてノリをコントロール ベースのように音の立ち上がりが遅い楽器の場合、波形の頭が合っていても若干発音タイミングがモタって聞こえることがあります。 ギター、ドラムとなんとなく発音タイミングがずれていて、キビキビし…

詳細を見る

Cubaseで簡単にギター、ベースのタブ譜を作成する方法

Cubaseのスコア機能を使うと簡単にタブ譜を作成することができます。 今回は例としてベースのタブ譜を作成してみたいと思います。 ■タブ譜の作成方法 まず、タブ譜にしたいフレーズ等をMIDIで打ち込みます。…

詳細を見る