初心者からの無料DTM情報まとめブログ

Cubase – すっきり作業環境作りにはフォルダートラックを活用しよう

フォルダートラックの活用法

さまざまな種類のトラックを一箇所にまとめて表示できます。トラック構成の整理や管理に役立ちます。

楽器パートごとにフォルダー分けしておくとすっきりした環境で作業を行うことができます。

フォルダートラックの作成方法




“プロジェクト” → “トラックを追加” → “フォルダー” へと進みます。

cubase フォルダー

フォルダートラックが作成されました。

cubase フォルダー

フォルダー名は任意で変更することができます。

楽器名別などわかりやすい名称にしておくと便利です。

今回は例として “ドラムパート” をフォルダートラックにまとめたいと思います。

cubase フォルダー

フォルダーに追加したいトラックをドラッグ&ドロップしていきます。

cubase フォルダー

ドラムの各トラックが、フォルダートラックに格納されました。

cubase フォルダー

赤枠内のアイコンをクリックするとフォルダーが開閉します。

フォルダートラックを閉じておくと、すっきりした環境で作業することができます。

cubase フォルダー

またフォルダートラックでは、複数のトラックを同時に編集することができます。

cubase フォルダー



関連記事