初心者からの無料DTM情報まとめブログ

Cubase – トラックのタイミングをずらしてノリをコントロールする方法

トラックのタイミングをずらしてノリをコントロール

ベースのように音の立ち上がりが遅い楽器の場合、波形の頭が合っていても若干発音タイミングがモタって聞こえることがあります。

ギター、ドラムとなんとなく発音タイミングがずれていて、キビキビしたサウンドにならないことも。

こういった際には、トラック全体のタイミングを少しずらしてやることで、気持ちのいいノリやサウンドを生むことが出来ます。

Cubaseには、”トラックディレイ機能” が付いているので、ものの数秒で “前ノリ、後ノリ” の設定が可能です。

この機能は、HipHopやR&Bのリズムトラック作りにも便利です。

ドラムを各パートごとにトラック分けしてトラックディレイで調整することにより、独特のノリを作りだすことができますよ。

トラックディレイ機能の使い方




通常画面で、編集したいトラックを選択します。

左に表示されている、”インスペクター” の画面上部に ”トラックディレイ” があります。

※すべての画像はクリックで拡大できます。

赤枠がトラックディレイのコントロールパネルです。

初期数値は、0.00となっています。

この数値を、マイナス方向に動かすと前ノリ、プラス方向に動かすと後ろノリになります。

打ち込み独特のキッチリさを解消したり、生演奏のノリを合わせたい時に使ってみてはいかがでしょうか。



関連記事