初心者からの無料DTM講座

Studio One FREEの使い方1~音のデータをDL~

 

■前回の記事でインストールの手順を書きましたが、

引き続きSound One FREE(無料版)を使うための準備を進めていきます。

今回は、イントゥルメント(ソフト内の音源)のデータのダウンロードをして、

楽器の音色がなるように設定していきます。

 

Windowsの場合、デスクトップにSound Oneのアイコンが追加されていると思いますので、

開きましょう。

 

下のような画面が立ち上がったら、新規ソングを作成をクリックします。

020

 

ソングタイトルは任意で変更。

サンプルレートは48.0kHzに設定しましょう。

(44.1kHzでも構いませんが、48.0kHzの方が高音質です。)

 

設定が終わったら、OKをクリック

021

 

するとこの画面が開きます。

上部のStudio Oneをクリック。

続いてStudio One インストールをクリックします。

022

 

ポップアップ画面が立ち上がるので、

Pre Soundsユーザーアカウントからコンテンツをインストールをクリックします。

023

 

両方にチェックが入っているのを確認して、

2つのパケットをインストールをクリック。

017

 

インストールが開始されます。

018

 

インストールが終わったら、完了をクリックします。

019

 

●Sound One FREEの内部音源(音色のデータ)のダウンロードが終わりました。

これで、内部音源が使えるようになります。

 

 

スポンサードリンク




関連記事

Amazon DTM部門 人気商品ランキング

■DTM教室のお知らせ

DTM教室の生徒さんを随時募集しています(都内)。

オリジナル楽曲を一から作ってみたい方や、DTMの基礎や音楽理論などを学びたい方にお勧めのレッスン内容となっています。

MIDI検定対策のレッスンも行っています。

●詳しくはこちら

●coconala.comにサービスを出品しています。