初心者からの無料DTM講座

DTM基礎知識~エフェクト~

 

DAWで扱えるプラグインエフェクトは数多くあります。

ここでは基本的なエフェクトの種類について解説していきたいと思います。

 

リバーブ

残響を加えるエフェクター。

ホールや風呂場のような残響効果が得られる。

079

 

 

 

 

 

 

 

 

ディレイ

ウエット感や広がり感を出すことが出来るエフェクター。

原音に遅延させた音を加えることで”やまびこ”のような残響効果が得られる。

077

 

 

 

フェイザー

“シュワー”という音を人工的に作り出すエフェクター。

原音と位相を変えた音の波の干渉を利用して音色の連続的な変化を作り出す。

080

 

 

 

 

 

 

 

 

フランジャー

元音と、それを僅かに遅延させた音声を干渉させることにより音を変化させるエフェクター。

独特のうねりを持ったサウンドが特徴で深くかけると金属的な音を作ることができる。

085

 

 

 

 

 

 

コーラス

音に厚みを出したり、艶を加えるなど幅広い音の装飾を得られるエフェクター。

基本的には”フランジャー”と同じ仕組みで、2つの音のずれを利用している。

076

 

 

 

 

オーバードライブ

歪んだ音色に加工するエフェクター。

過大入力を与えることで意図的に歪ませた音をシミュレートできる。

083

 

 

 

 

 

 

 

ファズ

刺激的な、あるいは濁った音色を得るエフェクター。

原音には存在しない倍音を著しく加えることにより音を調整する。

084

 

 

 

 

 

 

リングモジュレーター

金属的な音や、トレモロのような効果が得られるエフェクター。

原音と別信号との掛け算を行い音を変化させる。

087

 

 

 

 

 

 

 

ディエッサー

サ行などの高音のきつい発音を和らげることができるエフェクター。

高音領域に特化したコンプレッサーの一種。

086

 

 

 

 

 

イコライザー

特定の周波数帯域を強調、減衰させることができるエフェクター。

音質の補正だけでなく、より細かな音作りにも活用される。

088

 

 

 

 

 

 

 

リミッター

音量を一定のレベル以下に抑え、ばらつきを一定範囲に抑えるエフェクター。

予め設定した値(スレッショルド)を超えた場合、その変化を設定した比率で減少させる。

081

 

 

 

 

●コンプレッサー

音の強弱の差(ダイナミックレンジ)を圧縮して粒を揃えるエフェクター。

リミッターとほぼ同一の電子回路が用いられているので、1つの機器でリミッターコンプレッサー両方の動作が可能な機種もある。

082

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




関連記事