初心者からの無料DTM講座

インターネット上の音楽制作系ワークは稼げるのか!? – プロによる体験レポ –

昨今インターネット上にたくさんある音楽制作系や音楽関連のお仕事サイト。

インターネット上の音楽ワークってぶっちゃけ稼げるのか!?

自身が登録し、体験した事実をありのままに書いてみたいと思います。

■ココナラ

https://coconala.com/

個人的オススメ度:☆☆☆☆★

自分の得意分野を商品として売ることができるサイト。

 

2017年現在、イラスト、占い系の案件が圧倒的人気で、音楽系は全般弱い傾向にある。

 

売上毎に手数料が25%+税 (30%弱) が差し引かれる。

自身の体験としては、音楽部門の中ではランキング上位に入るレベルでしたが、

過去の売上金は (1年半くらいで) 約15,000円くらい、実際振り込まれたのは10,000円と少し程度でした。

なかなか世知辛い…笑。

 

●個人的結論

ゆるーいお小遣い程度で考えるなら、副業としてはなかなか厳しい×のが現状。




■MSC (マイ・ソング・クリエイト)

http://mysongcreate.com/

個人的オススメ度:☆☆☆★★

サイトに音楽制作の依頼案件が集まり、コンペ形式で作家が応募できるサイト。

 

案件が少ない。報酬単価が安い。

自身の実感としては報酬単価1件当たり平均15,000円~30,000円程度。

 

権利ごと買取される案件がほとんどで著作権が発生しないものが多い (印税は期待できない) 。

クレジット表記される程度。

 

基本的にコンペ形式のなので、労力を使っても選ばれないと1円にもなりません。

世知辛いこのご時世、メジャー作家さんも登録されているので、おいしい案件を採るのはかなりの難関。

体感としては500円貯金をしている方が割がいいかも…。

 

●個人的結論

案件の内容によりますが、過去の実績とセンスに圧倒的自信のある方にはオススメかもしれません。

 

■ミュージックジョブネット

https://www.musicjob.net/

個人的オススメ度:☆☆☆★★

こちらは案件への応募に加え、自らお仕事募集の投稿もできるサイトです。

 

お仕事募集に関しては、こちらに相応な経歴がなければ書き込んだ所で何の反応もないのが実情かと…。

 

応募タイプの案件もなかなか条件の良い案件は出ません…。

 

●個人的結論

募集案件は自身に実績がなければかなり厳しい、応募案件は経歴等によりお金になる可能性があるかも…。



 

今後他のサイトに登録、体験した際には追記していきたいと思います!

 

ご意見、コメント等ありましたら、こちら ↓ へお願いします。

Twitter;@freeVST_T

関連記事