初心者からの無料DTM講座

Studio One FREEの使い方3~Loopを鳴らしてみよう~

 

Studio One FREEに内蔵されているループ素材のデータを鳴らしてみましょう

 

ループ素材を使うと簡単なコピー&ペーストで曲を作ることができます。

様々な種類の楽器やリズムパターンなどが入っているので組み合わせて遊んでみましょう。

 

●ソフトを立ち上げます。

新規ソングを作成を選択。

041

 

 

 

 

OKを選択。

042

 

 

 

 

サウンドをクリックします。

043

 

 

 

 

Sound One Musicloopsを選択。

044

 

 

 

 

 

続いて、Key & Naturalを選択。

045

 

 

 

 

 

Grand Arp2を選択して左の枠内にドラッグ&ドロップ

047

 

 

 

 

赤枠内のデータを左端まで持っていく

048

 

 

 

 

再生を押すと音が流れる。

049

 

 

 

 

再生の左側にある停止ボタンを押すと音楽が止まる。

 

リピート再生をさせてみよう

 

赤枠内の三角マークを右にひっぱっていく。

050

 

 

 

 

 

右側をループ終わりにぴったり合わせよう

051

 

 

 

 

 

リピートマークを選択。

この状態で再生すると選択範囲がリピートされる。

052

 

 

 

 

 

 

続いてドラムを追加してみよう

 

Drumsを選択する。

053

 

 

 

 

 

Classic Rockを選択して赤枠内にドラッグ&ドロップ。

先程取り込んだGrand Arp2のデータ部分にはかぶらないように注意しよう。

(本来の鳴るはずの音色で再生されなくなります。)

055

 

 

 

 

先程と同様、左端に合わせる。

056

 

 

 

 

 

この状態では、ドラムのトラックの長さが上のトラックの半分しかない。

コピーして合わせてみよう。

shift + D または右クリックで複製を選択。

057

 

 

 

 

 

これで長さが揃った。

058

 

 

 

 

 

この要領で、色んな音を組み合わせて自分好みの音楽を作ってみましょう。

 

テンポは、赤枠内の数字を書き換えると変化します。

ループはテンポに追従してくれます。

059

 

 

 

 

 

 

●動画ではより詳しく説明しています。

時間がある方は是非こちらもご覧ください。

 

 

スポンサードリンク




関連記事