初心者からの無料DTM講座

Cubase – 内蔵VST エフェクト解説と使い方まとめ 【Filter編】

Dual Filter

Cubase Pro、Artist、Elements、AI、LE に搭載。

デュアルローパス / ハイパスフィルター。

特定周波数の除去、増加や、倍音のコントロールができるエフェクターです。

※各画像はクリックで拡大表示されます。


各パラメーターの解説は以下。

●Position フィルターのカットオフ周波数を設定するツマミ。

マイナス値に設定するとローパスフィルター、プラス値に設定するとハイパスフィルターとして動作する。

●Resonance フィルターのサウンド特性を決めるツマミ。

設定原音に対して特定の倍音を強調したり、新たな倍音を加えることができる。




StepFilter

Cubase Pro、Artist、Elements に搭載。

カットオフとレゾナンス入力により、リズミカルなフィルターサウンドを生成することができるエフェクター。


各パラメーターの解説は以下。

●Base Cutoff カットオフ周波数のベース値を設定するツマミ。上部の”Cutoff入力グリッド”で設定した値とリンクしている。
●BaseResonance レゾナンス (共鳴) のベース値を設定するツマミ。上部の”Resonance入力グリッド”で設定した値とリンクしている。
●Glide 数値を上げると、パターンのステップ間の移行がスムーズになる。
●フィルター
モード
スライダーを移動させることで、 (ローパスフィルター → バンドパスフィルター → ハイパスフィルター) モードに切り替えることができる。
●Sync Syncボタンをオン (黄色点灯) にすると、テンポ同期される。

またポップアップメニューで”パターンの分解能”の設定ができる。

●Output 出力レベルを設定するツマミ。
●Mix ドライ、ウェットのレベル調整をするツマミ

ToneBooster

Cubase Pro、Artist、Elements、AI に搭載。

選択した周波数帯域のゲインコントロールができるエフェクター。

●Tone フィルターの周波数帯域を設定するツマミ。
●Gain Toneで選択した周波数帯域のゲイン (入出力比) 調節をするツマミ。
●Width フィルターのレゾナンス (共鳴) を設定するツマミ。
●モードセレクター フィルターモード (ピークモード、バンドモード)  の設定をするツマミ。



WahWah

Cubase Pro、Artist、Elements、AI に搭載。

スタンダードなワウペダルをモデリングしたエフェクター。「Frequency」、「Width」、「Gain」の設定により音色をコントロールする。

●ペダル フィルター周波数の振り幅を設定するツマミ。
●Pedal Control (MIDI) MIDI コントローラーを選択することができる。通常時は「Automation」に設定。
●Freq Lo/Hi 中間値 “50” フィルター周波数を設定するツマミ。
●Width Lo/Hi 中間値 “50 フィルター幅を設定するツマミ。
●Gain Lo/Hi 中間値 “50 フィルターのゲイン (入出力比) をするツマミ。
●「Filter Slope」
セレクター
フィルターの傾き値を選択できるスイッチ (6dB、12dB) 。

 

関連記事