初心者からの無料DTM講座

Cubase – 内蔵VST エフェクト解説と使い方まとめ 【Distortion編】

AmpSimulator

Cubase Pro、Artist、Elements、AI、LE に搭載。

ギターアンプシミュレーター。様々なアンプモデルとスピーカーが用意されている。

※各画像はクリックで拡大表示されます。

各パラメーターの解説は以下。

●アンプポップアップメニュー アンプモデルを選択。「No Amp」で機能をバイパス。
●Drive オーバードライブのかかり具合をコントロールするツマミ。
●Bass 低音域のトーンを調整するツマミ。
●Middle 中音域のトーンを調整するツマミ。
●Treble 高音域のトーンを調整するツマミ。
●Presence EQバランスを整えた状態から最終的な高域を調整するツマミ。
●Volume 最終的な出力レベルの調整をするツマミ。
●キャビネットポップアップメニュー スピーカーキャビネットのモデルを選択。
「No Speaker」で機能をバイパス。
●Damping Lo/Hi スピーカーキャビネットの音作りができるツマミ。

 

BitCrusher

Cubase Pro、Artist、Elements、AI、LE に搭載。

ビットクラッシャー。ローファイサウンドを生成できる。

各パラメーターの解説は以下。

●Mode 4 つのモードが選択できる。

” I ” 、 ” III ” は過激なサウンド、 ” II ” 、 ” IV ” は控えめなサウンドになる。

●Sample Divider オーディオサンプルの破壊度を調整するツマミ。
●Depth ビット解像度を設定するツマミ。値を下げるほど破壊的なサウンドになる。
●Output 出力レベルを調整するスライダー。
●Mix ドライ / ウェット のレベルバランスを調整するスライダー。

 

DaTube

Cubase Pro、Artist、Elements、AI、LE に搭載。

チューブアンプのサウンドを再現できるエフェクター。

各パラメーターの解説は以下。

●Drive チューブアンプのプリゲインを設定するツマミ。
●Balance ” Drive “で調整したサウンドとドライ信号のバランスを設定するツマミ。
●Output 出力レベルを調節するツマミ。

 

Distortion

Cubase Pro、Artist、Elements、AI、LE に搭載。

シンプルなディストーション。

各パラメーターの解説は以下。

●Boost ディストーションの量を調整するツマミ。
●Feedback 出力信号 → エフェクト入力にフィードバックさせる量を調整するツマミ。
●Tone ディストーションをかける周波数帯域を選択するツマミ。
●Spatial ディストーション特性を変化させるツマミ。ステレオエフェクトを作ることができる。
●Output 出力レベルを設定するツマミ。

 

Grungelizer

Cubase Pro、Artist、Elements、AI、LE に搭載。

ノイズと静電気のサウンドを追加することができるエフェクター。アナログ感を演出できる。

各パラメーターの解説は以下。

●Crackle クラックルノイズを調整するツマミ。ビニールレコードのようなサウンドを作り出せる。
●RPM ビニールレコードの回転数を決めるスイッチ。
●Noise 静電気ノイズの量を調整するツマミ。
●Distort ディストーションの量を調整するツマミ。
●EQ 低音域のカット量を調整するツマミ。
●AC 電源のノイズ量を調整するツマミ。
●周波数スイッチ 電源の周波数を設定するスイッチ。
●Timeline エフェクト全体の量を調整するツマミ。




Magneto Ⅱ

Cubase Pro、Artist に搭載。

アナログテープマシーンのエミュレーター。サチュレーションと圧縮をシミュレートできる。

●サチュレーション=過剰入力することにより、アナログ機器独特の自然な歪みや温かみ効果を発生させること。

各パラメーターの解説は以下。

●Saturation サチュレーションの量と倍音の調整をするツマミ。

左のボタンでオン / オフ。

●Dual Mode 2台のアナログテープマシンをシミュレートできるモード。
●Frequency Range Low/Hi テープエフェクトを適用する周波数の範囲を調整するウィンドウ。
●Tape Solo ボタンを押すと、設定した周波数の範囲のみエフェクトがかかった状態で再生される。
●HF-Adjust 高音域のサチュレーション信号の量を調整するツマミ。

右のボタンでオン / オフ。

●VU Input/Output 入 / 出力信号の表示を切り替える。

 

Quadrafuzz v2

Cubase Pro、Artist に搭載。

様々な楽器に使用できる、マルチ・ディスト―ション・エフェクター。

各パラメーターの解説は以下。

●SB マルチバンドモード / シングルバンドモードを切り替え。
●Scenes 8つまでの設定を保存できます。

アクティブ状態 → 黄点灯
デフォルト設定の変更 → 緑点灯

●Mix ドライ / ウェット信号のレベル調整。
●Out 出力レベルを調整する。
 ■各セクション 【上部スイッチ】

●ミュート
” M ” ボタンをオン → 各周波数帯域がミュート状態になる。

●バイパス
” Band ” ボタン をオン → 各周波数帯域がバイパス状態になる。

●ソロ
” S ” ボタンをオン → 各周波数帯域がソロ状態になる。

 

●Tape
テープマシンのサチュレーションと圧縮をシミュレート。

●Tube
真空管によるサチュレーションをシミュレート。

●Dist
ディストーション。

●Amp
ギターアンプのシミュレート。( Clean, Crunch, Lead )

●Dec
入力したオーディオ信号をノイジーかつ歪んだサウンドに調整。

 

【中央部コントロール】

●「In/Out」メーター
入 / 出力レベルが表示されるメーター。

●Drive
テープサチュレーションのレベルを調整。

●Gate
ゲートレベルの調整。

●Delay
Delayの調整。

 

【スライダー】

●Width
各帯域のステレオサウンドの広がりを調整。

●Out
各帯域の出力ゲイン調整。

●Pan
各帯域のステレオ定位調整。

●Mix
ドライ / ウェット信号のバランス調整。

 

SoftClipper

Cubase Pro に搭載。

二次倍音、三次倍音のコントロール機能を備えたソフトクリップ。

各パラメーターの解説は以下。

●Input プリゲインを調整するツマミ。
●Mix ドライ / ウェット信号のバランスを調整するツマミ。
●Output 出力レベルを調整するツマミ。

●Second / Third
二次倍音 / 三次倍音の調整をするツマミ。



関連記事