初心者からの無料DTM講座

Cubase – 内蔵VST エフェクト解説と使い方まとめ 【Delay編】

ModMachine

Cubase Proに内蔵

ディレイ / モジュレーション エフェクト。

※各画像はクリックで拡大表示されます。

各パラメーターについての解説は以下。

●Delay ディレイタイムの設定。

テンポ同期オン時 → ベースノート値
テンポ同期オフ時 → ミリ秒単位

で設定。

●「Delay」の「Sync」ボタン テンポ同期 (Delayパラメーター) のオン / オフを設定。
●Rate モジュレーションスピードの設定。

テンポ同期オン時 → ベースノート値で設定
テンポ同期オフ時 → 自由に設定

●「Rate」の「Sync」ボタン テンポ同期 (Rateパラメーター) のオン / オフを設定。
●Width モジュレーション量を設定。数値の調整によりビブラートやコーラスのような効果を生む。
●Feedback ディレイの繰り返し数を設定。
●Drive Feedbackに対してディストーションをかけるツマミ。
●Mix ドライ / ウェットのバランスを設定。
●「Nudge」ボタン アナログテープマシーンをシミュレートした機能。ボタンをクリックするとプラグインへ入力されるオーディオの再生が瞬間的に速くなる。

エフェクター下部、フィルターフリーケンシー LFO モジュレーション、フィルターレゾナンス LFO モジュレーションの解説。

●Freq

(フィルターフリーケンシー LFO モジュレーション)

フィルターのカットオフ周波数の設定をするツマミ。 (テンポ同期オフ、 “Speed” パラメーター “0” で有効)
●Q-Factor

(フィルターレゾナンス LFO モジュレーション)

フィルターのレゾナンスを設定するツマミ。 (テンポ同期オフ、 “Speed” パラメーター “0” で有効)
●Speed 各モジュレーションのスピードを設定するツマミ。

テンポ同期オン時 → ベースノート値
テンポ同期オフ時 → 自由に設定

●「Speed」の「Sync」ボタン テンポ同期 (Speedパラメーター) のオン / オフを設定。
●Range Lo/Hi 各モジュレーションの範囲を設定するツマミ。
●Spatial 各モジュレーションのステレオサウンドの広がりを設定するツマミ。

 

MonoDelay

Cubase Pro、Artist、Elements、AI、LEに内蔵

モノフォニック・ディレイ。

各パラメーターについての解説は以下。

●Delay ディレイタイムの設定。

テンポ同期オン時 → ベースノート値
テンポ同期オフ時 → ミリ秒単位

で設定。

●Sync テンポ同期のオン / オフを設定。
●Feedback ディレイの繰り返し数を設定。
●Filter Lo 低音域のフィルタリング調整。

ボタンスイッチでオン / オフの切り替え。

●Filter Hi 高音域のフィルタリング調整。ボタンスイッチでオン / オフの切り替え。
●Mix ドライ / ウェットのバランスを設定。




PingPongDelay

Cubase Pro、Artist、Elementsに内蔵

オートL / Rバウンス機能を装備したモノフォニック・ディレイ。

※PingPongDelayはステレオトラックでのみ機能。

各パラメーターの解説は以下。

●Delay syncがオンの場合 → 拍の数値を設定。

オフの場合 → msecの値を設定。

●Sync テンポ同期のオン / オフを設定。
Feedback ディレイの繰り返し数を設定。
●Filter Lo 低音域のフィルタリング調整。

ボタンスイッチでオン / オフの切り替え。

●Filter Hi 高音域のフィルタリング調整。ボタンスイッチでオン / オフの切り替え。
●Spatial ステレオサウンドの広がりを設定するツマミ。
●Mix ドライ / ウェットのバランスを設定。

 

StereoDelay

Cubase Pro、Artistに内蔵

デュアルチャンネル・ディレイ。

※StereoDelayはステレオトラックでのみ機能。

各パラネーターの解説は以下。

●Delay syncがオンの場合 → 拍の数値を設定。

オフの場合 → msecの値を設定。

●Sync テンポ同期のオン / オフを設定。
Feedback ディレイの繰り返し数を設定。
●Filter Lo 低音域のフィルタリング調整。

ボタンスイッチでオン / オフの切り替え。

●Filter Hi 高音域のフィルタリング調整。ボタンスイッチでオン / オフの切り替え。
●Pan それぞれのディレイのステレオ定位を設定。
●Mix ドライ / ウェットのバランスを設定。



関連記事