初心者からの無料DTM講座

Cubase – 編集が終わったら必ず”プロジェクトのバックアップ”を取っておこう

Cubase バックアップ

プロジェクトのバックアップは取っておくべき!

プロジェクト保存後にデータを移動してしまうと、音声データが行方不明になってしまう場合があります。

よくやってしまいがちなのが、デスクトップ画面に置いてあるデータをそのままプロジェクトに読み込み、編集が終わった後にフォルダーなどに移動してしまうケースです。

これをやってしまうと、次回プロジェクトを開いた際にデータ探しから始めることになってしまいます。

Cubaseユーザーならみなさん一度は経験しているのではないでしょうか!?

最悪の場合、全てのデータが揃わず再度録音し直すはめになることも・・・。

 

Cubase間のやり取りはバックアップデータで!




例えばバンドメンバーがCubaseユーザーであれば、バックアップデータでやり取りする方法が便利で簡単です。

音声データでの受け渡しよりも編集のやり直しがきくので、作品のクオリティー向上にも繋がります。

プロジェクトのバックアップを作成しよう

編集が終わったら、”ファイル” → “プロジェクトのバックアップ” へと進みます。

Cubase バックアップ

ポップアップ画面が立ち上がるので、”新規フォルダー” をクリックして、

曲名や日付けなど、任意の名称に変更しておきます。

フォルダーの作成場所はデスクトップ上にしておくとわかりやすいです。

Cubase バックアップ

作成したフォルダーを選択した状態で、”OK” をクリックします。

Cubase バックアップ

プロジェクトバックアップのオプションを選択します。

各項目の説明は以下。

プロジェクト名 (Project Name)
バックアッププロジェクトの名前を変更できます。

現在のプロジェクトをアクティブに保持 (Keep Current Project Active)
「OK」をクリックしたあと、現在のプロジェクトをアクティブに保持できます。

オーディオファイルの最小化 (Minimize Audio Files)
オーディオファイルのうち、プロジェクトで使用されている部分だけを含めることができます。大きなオーディオファイルの一部だけを使用している場合には、これによってバックアップファイルをコンパクトなサイズに抑えることができます。ただし、新しいフォルダーに保存されたプロジェクトを使用して作業を続ける場合、元のオーディオファイルにあった他の部分を使用することはできなくなるので注意してください。

処理結果を固定 (Freeze Edits)
すべての編集内容をフリーズし、プール内の各クリップに適用されているエフェクトや処理機能の効果をオーディオデータに固定できます。

未使用のファイルを削除 (Remove Unused Files)
未使用のファイルを削除して、使用されているファイルのみをバックアップできます。

ビデオはバックアップしない (Do Not Back up Video)
現在のプロジェクトのビデオトラックまたはプールにあるビデオクリップをバックアップ対象から除外できます。

必要な項目にチェックを入れ、 “OK” をクリックします。

基本的にはデフォルト状態で問題ないと思います。

Cubase バックアップ

バックアップファイルが書き出されます。

Cubase バックアップ

これでフォルダー内にバックアップデータが作成されました。

Cubase バックアップ

開いてみると、必要なデータが書き出されています。

Cubase Document を開けばプロジェクトが立ち上がります。

Cubase バックアップ

しっかりバックアップを取って管理しておけば、無駄な作業を減らすことができるだけでなく、

フォルダーを共有すればメンバー間で同じ作業環境を作ることもできます。



関連記事

Amazon DTM部門 人気商品ランキング

■DTM教室のお知らせ

DTM教室の生徒さんを随時募集しています(都内)。

オリジナル楽曲を一から作ってみたい方や、DTMの基礎や音楽理論などを学びたい方にお勧めのレッスン内容となっています。

MIDI検定対策のレッスンも行っています。

●詳しくはこちら

●coconala.comにサービスを出品しています。