初心者からの無料DTM講座

Cubaseで簡単にギター、ベースのタブ譜を作成する方法

Cubaseのスコア機能を使うと簡単にタブ譜を作成することができます。

今回は例としてベースのタブ譜を作成してみたいと思います。

タブ譜の作成方法




まず、タブ譜にしたいフレーズ等をMIDIで打ち込みます。

※すべての画像はクリックで拡大できます。

Cubase 使い方

打ち込みが完了したら、”スコア” → “選択したファイルを開く”を選択。

Cubase タブ 使い方

デフォルトの場合、以下のような音符表記の画面が出てきます。

cubase タブ 使い方

再度、”スコア” を開き、”設定” を選択します。

cubase タブ 使い方

ポップアップ画面の、”タブ譜モード” にチェックを入れます。

Cubase タブ

チェックを入れると、インストゥルメントが選択可能になるので、”ベース”を選択します。

その後、弦のチューニング等を任意で設定し、最後に適用をクリックします。

cubase スコア

これでタブ譜が表示されます。

Cubase スコア

実際の楽器では弾きにくいポジションで表記された場合や、指使いが決まっている等でフレットの移動をさせたい際は、”音符の数字 (フレットの数字)” を選択して、左クリック → “別の弦へ移動” を選択すると、任意の弦へ移動させることが出来ます。

その際、フレットの数字は自動で同音に変更されるので、大変便利です。

cubase タブ

このように、Cubaseのスコア機能でも見やすくきれいなタブ譜の作成が可能です。



関連記事