初心者からの無料DTM講座

Studio One FREEの使い方7~loopのグルーヴを変えてみよう~

 

■内蔵loopに手を加える方法

 

Studio One FREEに内蔵されているloopに手を加えてオリジナリティーを出す方法の解説です。

まず新規ソングを立ち上げ、右枠内のサウンドを選択します。

680

 

 

 

 

 

続いて、Studio One Musicloopsを開きます。
681

 

 

 

 

 

(今回はDrums内のHip Hopsterを使用します。)

Hip Hopsterを左の枠内にドラッグ&ドロップ。

682

 

 

 

 

 

データが読み込まれたら、再生してみましょう。

この時点で範囲指定をして、ループ再生ボタンを有効にしておくと便利です。

683

 

 

 

 

 

●再生するとこんな感じ

 

続いて、赤枠内をダブルクリックすると、下にMIDIの入力画面が立ち上がります。

684

 

 

 

 

 

矢印ツールを選択した状態で、赤枠内のスナップのチェックを外します。

これであらかじめ入力されているMIDIデータを自由自在に調整することができます。

(※スナップにチェックが入っている際は、クオンタイズの数値等に依存します。)

687

 

 

 

 

 

●もともと入力されていたデータ

688

 

 

 

 

 

 

●編集したデータ

689

 

 

 

 

 

 

所々後ろにずらしてみました。

●再生するとこんな感じ

 

きっちり正確だったリズムが、すこしよれたビートになりました。

loopをもとに、音を足したりカットしたりすることで、完全オリジナルなビートが作れますので、是非挑戦してみて下さい。

 

●おまけ

自動スクロールが邪魔な場合は、赤枠内のアイコンをクリックしてください。

686

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




関連記事