初心者からの無料DTM講座

DTM基礎知識~PCM音源~

 

 

■PCM:Pulse Code Modulation

(パルス・コード・モジュレーション)

 

●PCM=パルス符号変調

音声等のアナログ信号をパルス列に変換するパルス変調のひとつ。

 

●PCM音源の特徴

PCMデータをDA(デジタル – アナログ)変換することで音を再生する楽器をPCM音源という。

楽器等の音を録音・メモリーへ記録しておき、

鍵盤のタッチやMIDIのノートオンなどに応じてPCM波形をメモリーから再生する音源のこと。

別名サンプリング音源とも呼ぶ。

 

家庭用ゲーム機や携帯の着メロから電子ピアノ、シンセサイザー等広く普及している。

CDもPCM形式で記録されている。

(画像は1988年に発売されたコルグ初のPCM音源シンセサイザー”M1″)

 

スポンサードリンク




関連記事