初心者からの無料DTM講座

MIDI初心者講座4~ベロシティー~

■ベロシティーとは鍵盤を弾いたときのタッチの強弱を指します。

(ステップ入力の場合は打ち込んだ音の強弱)

 

具体的には、音量の大小に変化をつけるデータになります。

これは、表現の幅を広げるための大変重要な要素なのでしっかり覚えておきましょう。

 

ベロシティー1~127までの数値で表され、1が最小音、127が最大音です。

(赤枠内がベロシティーのデータ)

033

 

 

 

 

 

 

 

●ベロシティーの目安

032

 

 

上記の表がおおまかな”目安”とされていますが(MIDI検定では試験に採用)、

使用する音源や音色により、ベロシティーの数値に対して音色、音量に変化がない場合もあります。

 

プログラミング(データ入力)をする際は、実際の出音を確認しながら、

ベストな数値を探ることで仕上がりの完成度を高めることが出来ます。

 

スポンサードリンク




関連記事